至極、面倒である。

量刑の加減は、法律で決まっているのだから、自分の経歴とその場の気分で、上下に振れる割合が職業裁判官と変わるだけで、判決の予想がつきにくいだけであろう。
ただ、私も含めて、一般の市民は、その姿をさらしての意見表明には、意外なほどの真面目さを発揮するものであるから、裁判官よりは偏りがなく、中庸に落ち着くかもしれない。
それと、私が期待するのは、各層の市民と裁判官が接することによって、裁判官の意識が変わり、市民感覚の理解が進むことである。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK