成年後見制度ってどんなとき役立つの?

Ⅰ 成年後見制度とは
判断能力が衰えた人の財産や権利を守るためにある制度です。
成年後見制度は、大きく分けて二つあります。
以下の法定後見制度と任意後見制度です。

1「法定後見制度」
判断能力が既に衰えてきている人が対象で、本人の残った能力の程度で3つの類型にわけられます。
①「補助」
重要な財産行為(リフォーム工事や高額な羽毛布団の購入等)について、自分で出来るかもしれないが、誰かに代わって貰ったほうがよい程度の人を支援する制度です。
②「保佐」
日常の買い物程度は出来るが、重要な財産行為は自分で出来ない程度の人を支援する制度です。
③「後見」
日常的に必要な買い物も自分では出きず、誰かに代わって貰う必要があり、ごく日常的な事項(家族の名前、自分の居場所、生年月日など)もわからないような程度の人を支援する制度です。

2「任意後見制度」
本人が元気で判断能力のある人が対象で、将来、判断能力が低下してきたときのために、支援を任せる後見人と支援内容を決めておくものです。

Ⅱ 前述の制度は消費者トラブルからお年寄りを守る制度です
例えば、日中家にいる可能性の高い高齢者が狙われやすいのが、訪問販売や電話での勧誘です。
時間のある高齢者は、セールスマンの話に乗りやすい傾向にあります。

言葉巧みに不安(シロアリ被害・耐震性・健康不安・経済不安等)をあおる。
同情を引く
自尊心をあおる等


の悪質業者の術中にはまりやすいです。

悪質業者は、高額なものを買わせようとしたり、危険な取引に引き込もうと狙っており、孤独になりがちな高齢者は、親切なふりをして近づいてくるセールスマンに、やさしく話し相手になってもらったりすると、断りづらくなり、ついつい契約してしまうことがあります。

被害にあった後で、お金を取り戻すことは困難な場合が多いので、判断能力の程度に応じ、成年後見制度(代理権・同意権・取消権の活用)を利用して財産管理を任せ、取消し等の対応をすれば、お年寄りを守ることになります。

判断能力のある人は、任意後見契約が有用です。

任意後見契約は、家庭裁判所で任意後見監督人が選任されてはじめて効力を生じるので、それまでは任意代理契約・財産管理契約や見守り契約で対応できます。

但し、任意代理契約は、よほど信頼できる人でないと危険がともなうことがあります。

高齢者と日常的に接している身近な方々(隣近所・親戚・民生委員・ケアマネージャー・ヘルパー等)が変化に気づき相談機関につなぐという一番見つけやすい方法です。
要支援等認定を受け、かかわりを持つものを増やすことが必要です。

成年後見制度ってどんなとき役立つの?

Ⅰ 成年後見制度とは
判断能力が衰えた人の財産や権利を守るためにある制度です。
成年後見制度は、大きく分けて二つあります。
以下の法定後見制度と任意後見制度です。
1「法定後見制度」
判断能力が既に衰えてきている人が対象で、本人の残った能力の程度で3つの類型にわけられます。
①「補助」
重要な財産行為(リフォーム工事や高額な羽毛布団の購入等)について、自分で出来るかもしれないが、誰かに代わって貰ったほうがよい程度の人を支援する制度です。
②「保佐」
日常の買い物程度は出来るが、重要な財産行為は自分で出来ない程度の人を支援する制度です。
③「後見」
日常的に必要な買い物も自分では出きず、誰かに代わって貰う必要があり、ごく日常的な事項(家族の名前、自分の居場所、生年月日など)もわからないような程度の人を支援する制度です。
2「任意後見制度」
本人が元気で判断能力のある人が対象で、将来、判断能力が低下してきたときのために、支援を任せる後見人と支援内容を決めておくものです。
Ⅱ 前述の制度は消費者トラブルからお年寄りを守る制度です
例えば、日中家にいる可能性の高い高齢者が狙われやすいのが、訪問販売や電話での勧誘です。
時間のある高齢者は、セールスマンの話に乗りやすい傾向にあります。
言葉巧みに不安(シロアリ被害・耐震性・健康不安・経済不安等)をあおる。
同情を引く
自尊心をあおる等
の悪質業者の術中にはまりやすいです。
悪質業者は、高額なものを買わせようとしたり、危険な取引に引き込もうと狙っており、孤独になりがちな高齢者は、親切なふりをして近づいてくるセールスマンに、やさしく話し相手になってもらったりすると、断りづらくなり、ついつい契約してしまうことがあります。
被害にあった後で、お金を取り戻すことは困難な場合が多いので、判断能力の程度に応じ、成年後見制度(代理権・同意権・取消権の活用)を利用して財産管理を任せ、取消し等の対応をすれば、お年寄りを守ることになります。
判断能力のある人は、任意後見契約が有用です。
任意後見契約は、家庭裁判所で任意後見監督人が選任されてはじめて効力を生じるので、それまでは任意代理契約・財産管理契約や見守り契約で対応できます。
但し、任意代理契約は、よほど信頼できる人でないと危険がともなうことがあります。
高齢者と日常的に接している身近な方々(隣近所・親戚・民生委員・ケアマネージャー・ヘルパー等)が変化に気づき相談機関につなぐという一番見つけやすい方法です。
要支援等認定を受け、かかわりを持つものを増やすことが必要です。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK