Return to site

成年後見制度の活用を

 成年後見制度とは,判断能力が衰えた人の財産や権利を守るためにある制度です。本人の判断能力の程度によって,成年後見人,保佐人,補助人を選任することができ,それぞれ権限の範囲が異なります。

 特に,日常生活に必要な判断能力がほぼ失われている人に対しては,家庭裁判所に成年後見人を選任するよう申立てることができます。成年後見人選任の申立ては,4親等内の親族(配偶者,親,子,兄弟姉妹はこれに含まれます)が行うことができます。その際,成年後見人の候補者を挙げることができ,申立人自身を候補者にする事も可能ですが,必ず候補者の方がそのまま成年後見人に選任されるわけではありません。また,事案によっては専門職の第三者(弁護士,司法書士,税理士等)に成年後見人になってもらった方が良い場合もあります。

いずれにせよ,一度成年後見人選任の申立てを行うと,後から申立ての取り下げを行うことは基本的に出来なくなりますので,申立てを行うかどうか,候補者を誰にするか等については,専門家に相談してから決めたほうがよいでしょう。

 また,成年後見人選任の申立手続自体を弁護士や司法書士に委任して行ってもらうこともできます。

 成年後見人が選任された場合,本人(被後見人)の財産は成年後見人が一元的に管理します。また,本人のために必要な契約の締結や請求は,成年後見人が本人に代わってこれを行います。

 成年後見人を選任すべき場面として,以下のような事例をご紹介します。

事例1  
Q. 高齢の母を自宅で介護しておりますが,数年前から母の認知症が日に日に進行し,自宅での介護が困難な状態になりましたので,施設へ入所させる事を考えています。また,自宅土地建物の権利者は母名義になっておりますが,母が施設へ行くことになれば,自宅を売却して引越したいと考えております。

 しかし,母は認知症により,施設への入所や自宅売却の話をしても,既に全く意味を理解することが出来ない状態です。この場合,私が母に代わって施設の入所契約書や自宅の売買契約書に署名押印したり,母の預金から入所費用を支出することに問題は無いのでしょうか。なお,父は既に他界しており,私には兄弟がおりますが,他の兄弟は母や自宅の件については私に任せると言っています。

A. 施設への入所契約の当事者は,あくまでも入所されるご本人ですので,お母さんの有効な同意が無い限り,原則として契約は出来ません。預金についても,金融機関は預金者以外の方からの引出しには応じてくれません。自宅についても,お母さんの財産ですからこれを勝手に売却することはできません。また,ご兄弟は今のところ特に反対はされていないようですが,将来,預金の使途等についてトラブルになる可能性も無いとは言い切れません。

 成年後見人の選任を申立てた後,成年後見人が施設と入所契約を締結し,お母さんの預金の中から費用の支払いを行う方法が良いでしょう。また,自宅の売却については,成年後見人でも事前に裁判所の許可を受けてから行う必要があります。もちろん,売却代金についてはお母さん自身の財産として,成年後見人がきちんと管理しなければなりません。

 この事例の場合,他の兄弟から特に異議が無ければ,申立人のあなた自身を候補者にすれば,裁判所はそのままあなたを成年後見人に選任する可能性が高いでしょう(ただし,その場合でも,裁判所が成年後見監督人を付して,補助的に監督をさせることがあります。その他,後見制度支援信託契約という手続きを利用させるため,一時的に専門職後見人が選任されることもありますが,ここでは詳しい説明は省略します)。もちろん,最初から専門職の第三者を候補者にすることを希望しても構いません。

事例2 
Q. 先日,夫の兄(被相続人)が亡くなりました。被相続人は独身で子や孫はおらず,相続人は夫と,夫の妹の合計2人です。ところが,夫は既に認知症により交渉等が出来る状態ではありません。さらに,夫の妹が,被相続人の遺産である預金や株券を取り込んでしまっており,どのような遺産があるのかも教えてくれません。私が夫に代わって,遺産分割協議を行うことは出来るのでしょうか。

A. あなた自身は相続人ではないので,遺産分割協議に参加することはできません。成年後見人の選任を申立てた後,成年後見人が遺産分割協議を行う必要があります。この事例の場合,遺産分割協議の成立自体が困難と考えられますので,家庭裁判所の遺産分割調停手続きや審判を利用することを見据えて,専門職の第三者を候補者にする方が良いでしょう。

事例3 
Q. 母は既に他界し,父は弟夫婦の家に同居しています。しかし,父が認知症で何も分からなくなっているのをいい事に,弟夫婦が父の預金を勝手に引き出して使っているようなのです。弟夫婦は,父の預金通帳を見せるように言っても応じてくれません。おまけに弟夫婦は「父はしっかりしている」等と言って医師に診察を受けさせることを拒否しています。弟夫婦の浪費を止めさせる方法は無いのでしょうか。

A. 成年後見人が選任されれば,親族らが勝手に本人の財産を処分することはできなくなります。特に,同居の親族が本人の預金を引出して費消した場合,事後的に取戻請求を行うことは事実上非常に困難なので,一刻も早く選任申立てを行うことが必要です。

成年後見人の選任申立てを行うためには,本人の財産目録の作成や,原則として医師の診断書を提出することが必要になりますので,この事例の場合は成年後見人選任の申立てを行うこと自体に困難が予想されます。選任申立ての段階から,弁護士や司法書士にご相談されることをお奨め致します。

解説者:弁護士 𠮷野剛成

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly