今年(平成21年)5月21日にスタートし、現在(同年9月)既に数件の裁判が実施されている。
一般人の立場から、不安に感じる点を書いてみます。

まず一番の不安は、裁判員として裁判に参加し、判決を下したときに、被告からの逆恨みの対象にならないか?という点です。
裁判員法では裁判員の氏名の漏出を禁じているそうだが、顔貌の視認により裁判員を特定されるおそれはある。

暴力団関係者以外にも、地元の有力者の関係者であったり、社会的につながりのある方(例えば取引先の企業)の関係者であったりする場合に、文字通りの報復以外にも、社会的な報復の恐れがないのかどうか、とても心配です。

それから、守秘義務に関する不安です。
罰則が、「6ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金」となっていますが、裁判の内容によっては、マスコミ関係者に言葉巧みにインタビューを受けて、果たして素人の私が、うっかりしゃべってしまわないかと不安になります。
また、守秘義務を負うべき事柄を一生、自分の中に閉じ込めておくことが苦痛の方もいるのではないかと思います。

それに、どこまでがしゃべっていいのか、どこからがしゃべっていけないのかが、いくら調べても分かりにくく、判断できません。

最後に、一番恐れているのは、「誤判」です。
自分が、裁判員として担当した裁判の判決が、誤っていた場合に、たいへんな罪悪感に苛まれるのではないかという不安です。
また、合理的な理由によって死刑判決に賛成した場合であっても、将来にわたり罪悪感に見舞われ一般生活に支障をきたす方もいるのではないかと思います。

裁判員制度が定着するまでには、さまざまな問題点の解消が必要に思われますが、「一般人の感覚を裁判に反映させる」という主旨には賛同しています。

一般人が、安心して、正しい判断ができるような裁判員制度の整備を望んでいます。

今年(平成21年)5月21日にスタートし、現在(同年9月)既に数件の裁判が実施されている。
一般人の立場から、不安に感じる点を書いてみます。

まず一番の不安は、裁判員として裁判に参加し、判決を下したときに、被告からの逆恨みの対象にならないか?という点です。
裁判員法では裁判員の氏名の漏出を禁じているそうだが、顔貌の視認により裁判員を特定されるおそれはある。
暴力団関係者以外にも、地元の有力者の関係者であったり、社会的につながりのある方(例えば取引先の企業)の関係者であったりする場合に、文字通りの報復以外にも、社会的な報復の恐れがないのかどうか、とても心配です。
それから、守秘義務に関する不安です。
罰則が、「6ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金」となっていますが、裁判の内容によっては、マスコミ関係者に言葉巧みにインタビューを受けて、果たして素人の私が、うっかりしゃべってしまわないかと不安になります。
また、守秘義務を負うべき事柄を一生、自分の中に閉じ込めておくことが苦痛の方もいるのではないかと思います。
それに、どこまでがしゃべっていいのか、どこからがしゃべっていけないのかが、いくら調べても分かりにくく、判断できません。
最後に、一番恐れているのは、「誤判」です。
自分が、裁判員として担当した裁判の判決が、誤っていた場合に、たいへんな罪悪感に苛まれるのではないかという不安です。
また、合理的な理由によって死刑判決に賛成した場合であっても、将来にわたり罪悪感に見舞われ一般生活に支障をきたす方もいるのではないかと思います。
裁判員制度が定着するまでには、さまざまな問題点の解消が必要に思われますが、「一般人の感覚を裁判に反映させる」という主旨には賛同しています。
一般人が、安心して、正しい判断ができるような裁判員制度の整備を望んでいます。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly